現在地

Saflex® VIEW ST

Push blocks top: 
How HUD works?

Head-up display explained: HUD principles, keep driver focused, HUD vs HDD, ...

Read more

HUD用中間膜は運転者の目線の高さに関する課題を解決します。

HUD (ヘッドアップディスプレイ) システムは、運転者の注意散漫を防ぐ効果的な方法です。今日のシステムは、運転者は道路から目線を離すことなく必要な情報を見ることができるため、ドライビングエクスペリエンスおよび安全性を向上させます。Saflex® VIEW ST中間膜は、トラックやSUVで一般的に使用される複雑にカーブした、急勾配のフロントガラスにも高度なソリューションを提供します。

自動車用HUDシステムの課題の1つは、フロントガラスに焦点の合った映像を投影することです。映像が傾斜のある複数のガラスの層を通して反射されると、一般的にゴースト現象(二重像)と呼ばれる視覚的な歪みが発生することがあります。

そして、多くの車種にHUDシステムが採用されていますが、いくつかの制限があります。すべての運転者の身長が同じであるとは限りません。

従来の単一楔角のHUD PVBは、設計時に想定された身長の運転者に対してはゴースト減少を解決することができますが、その想定より低いまたは高い運転者に対しては、この問題を生じさせる可能性があります。この現状は、フロントガラスが複雑にカーブしていたり、急傾斜している車両ではより大きな問題となります。
 

複雑なフロントガラス用のくさび型中間膜

EastmanのSaflex VIEW STは、トラックやSUVで発生するHUDのゴースト現象の解決に役立つ次世代の中間膜です。VIEW STのくさび角度は計算によって最適化されるため、構造に合わせた設計が可能です。これにより、身長の異なる運転者が使用できるHUDの表示領域が広くなり、ゴースト現象を最小限に抑えることで画像の鮮明度が高くなりす。
 

現在および将来のHUDシステムに、VIEW STくさび型中間膜のようなイノベーションで貴社の持続的な成長をサポート致します。

製品の特長:

  • 運転者の目線が下向きになることによる注意散漫を防ぐ
  • フロントガラスに運転時に必要な情報を表示
  • フフロントガラスがカーブしていたり、急傾斜しているトラックやSUVに最適
     
  • 複雑にカーブしている、または急傾斜しているフロントガラスでのHUDのゴースト現象を排除
  • 様々な運転者の身長に適合できるHUDの表示領域を拡張
  • ゴースト現象を最小限に抑えることで映像の鮮明度を改善
  • 安全性、セキュリティ、遮音性などに対応したその他のEastman PVBテクノロジーとの互換性
Saflex® VIEW STカタログ
Push blocks top: 
How HUD works?

Head-up display explained: HUD principles, keep driver focused, HUD vs HDD, ...

Read more